アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第15回講演会 概要
10月3日に開催された講演会の概要になります。
演題:患者目線の医療と聖路加国際病院
講師:的場匡亮氏(財団法人聖路加国際病院 経営企画室)

-------
講師の的場匡亮さんは、ITベンチャー企業に勤務された後、南カリフォルニア大学のMaster of Health Administration(MBAの医療版)に留学され、現在は聖路加国際病院の経営企画室で活躍されている。御講演はそのご経験を生かしたわかりやすくユーモラスなものであった。

御講演の議題及び内容は以下のようなものである。

1)Master of Health Administrationの教育内容
2)聖路加国際病院の患者さんの声を聞くシステム
3)聖路加国際病院の新しい試み:聖路加産科クリニック

1)は留学時代のお話であるが、コースカリキュラムやケーススタディの内容を中心にお話しされ、医療経営に必要な視点が何なのかが非常にわかりやすくまとめられていた。特に南カリフォルニア大学は公共政策の大学院の中にコースが存在し、地域の医療、患者のための医療を実現するための方策が学べたのが魅力であるとコメントされていた。また聖路加国際病院の経営企画室には的場さんのようなMHAの資格を持った方が3人いらっしゃるとか。これはこの病院の一つの強みであろう。

2)は聖路加国際病院の患者の声を直接拾う第一の場である御意見対応ミーティング。
これは前日よせられた患者さんからのご意見にどう対応するか、ひいてはそれをどう経営に活かすか、毎日朝15分間の討議をおこなっているものである。ポイントは経営トップが参加していること(院長-副院長はじめ15名程度)と毎日行っていること。それによりその日に問題解決できるようなスピード感をもった対応を可能としている(そのために施設課には急なリクエストに応えるための予算をもうけているとか)。このようなこまやかな対応がこの病院のブランド力の秘訣であろう。

3)は、聖路加でも、産科のマンパワーの問題や、都内各所で分娩の取り扱いをやめている影響で、出産制限をせざるを得ない状況となっているなかで、助産師さん中心のクリニックを関連の聖路加看護大学と協力して設立するというプロジェクトである。来年開院予定のこのクリニックは、医療人材再発掘の方策として興味深い。

以上の御講演は、患者目線の医療の理論と実践の紹介であるとともに、MHAという新しいキャリアパスを知ることもでき非常に有意義なものであった。
第15回講演会 10/3(土), 18:30~
☆大切なおしらせ☆
事前案内にて18時~ 開会挨拶/講師紹介 とさせて頂きましたが
『18時25分より開会挨拶』とさせて頂きます。
講演開始時刻は18時半~と変更ありません。
訂正してお詫びいたします。

【第15回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●演題:患者目線の医療と聖路加国際病院

●講師:的場匡亮氏(財団法人聖路加国際病院 経営企画室)

●講演概要
この度は、患者目線の医療と医療機関の経営という観点から、南カリフォルニア大学 MHA(Master of Health Administration)にご留学の後、日野原重明先生で有名な財団法人 聖路加国際病院
経営企画室にてご活躍の的場匡亮氏をお招きし、聖路加国際病院 経営企画室の取り組みや的場氏が取り組んでおられる『聖路加産科クリニック』 設立Project などを、利用者の声を経営に生かすという観点からご紹介いただこうとおもっております。

さらには医療経営学分野という珍しい分野での留学体験についてもご紹介していただけるようで、医療を担う人材の新たなキャリアパスという観点からも興味深い御講演になるかと存じます。

奮ってご参加ください。

●講師略歴
ITベンチャー勤務ののち、USC(University of Southern California_南カリフォルニア大学)公共政策・都市開発大学院 Health Administration専攻 留学。2007年卒業後より財団法人聖路加国際病院経営企画室にて勤務。

●日時:2009年10月3日(土)

●スケジュール:
18時00分~ 受付開始
18時25分~18時30分 開会挨拶/講師紹介
18時30分~19時30分 的場氏ご講演
19時30分~20時00分 質疑応答
20時15分~ 懇親会

●場所:東京理科大学森戸記念館第1フォーラム東京都新宿区神楽坂4-2-2
JR総武線、地下鉄有楽町線、東西線、南北線 飯田橋駅下車 徒歩5分
大江戸線 飯田橋駅下車 徒歩10分

(注:リンクにある地図の左上、飯田橋から神楽坂を登って、毘沙門天の入り口を左
手に見て右に入る路地の奥です。)

●会費:社会人1000円、学生500円(懇親会別途 4000円程度)
●クリック!→ 参加申し込みフォーム
●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム (代表 井手祐二)
第15回講演会 10月3日開催決定!
次回講演会を10月3日(土), 18:30~(受付は18:00~)より開催致します。
詳細は近日中にUP予定ですので今しばらくお待ちください。
よろしくおねがいいたします。
安希さん 開高健ノンフィクション賞受賞
スタッフである中村安希さんがこの度、「バックストリートの星たち-ユーラシア・アフリカ大陸、そこに暮らす人々をめぐる旅-」にて第7回開高健ノンフィクション賞(集英社主催)を受賞されましたのでここに報告させて頂きます。

2006年から2008年までユーラシア、アフリカ大陸各国を巡り、現地の人々との出会いや体験を描いた作品です。旅の途中より、当会のメーリングリストへ随時レポートを配信して頂きました。

授賞式は11月13日に帝国ホテルにて行われる予定です。
安希さんのブログはこちらです。

※授賞式の日程を【(誤)15日→(正)13日】に訂正致しました。失礼致しました。

【第14回講演会】5/16(土)19:00~, 神楽坂
【第14回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●演題:「DIPEx:患者の語り」が創る新しい医療
     ~目指すのは「非」効率化~

●講師:別府 宏圀 氏
(ディペックス・ジャパン理事長
医療法人社団相和会
新横浜ソーワクリニック・横浜総合健診センター院長)

●講演概要
この度は、患者が発信する情報をもとに疾患データーベースを
つくるという新しい試みを日本でされている別府宏圀先生にお話し
いただくこととなりました。
今回の特色は、ディペックス(DIPEx:http://www.dipex-j.org/)
の紹介と今後の展望をお話し頂くと共に、患者さん主体のデーター
ベース構築により

1)EBMによる医療の標準化及びそれに伴う効率化からの展開と、
ディペックスのような個別化・特殊化からの動きとの両者の並立併
存と協奏への道を探る
2)報告のない副作用等、新しい臨床知見の効率よい検出システム
にならないか
3)患者さんが賢く医療を利用することにより、低コスト化に
つながらないか
(セカンドオピニオンに費やすコストの削減など)
などのアジアパシフィック医療改革フォーラムが課題とする、
「低コストで質の高い医療への解決策」としてのディペックスと
いった点についてもご議論にいただく予定です。

奮ってご参加ください。

●講師略歴
1964年3月、東京大学医学部医学科卒業。
都立神経病院神経内科部長、都立府中療育センター副院長、都立北
療育医療センター院長
を経て現職。

日本神経学会評議員、日本臨床薬理学会名誉会員、日本薬剤疫学会
理事、日本総合健診医学会評議員、医薬品・治療研究会
代表、The Informed Prescriber(「正しい治療と薬の情報」誌編
集長、薬害オンブズパースン会議 副代表、医薬ビジランス> セン
ター理事を歴任。

●日時:2009年5月16日(土)

●スケジュール:
18時30分~ 受付開始
19時00分~19時05分 開会挨拶/講師紹介
19時05分~20時05分 別府氏ご講演
20時05分~20時30分 質疑応答
21時00分~ 懇親会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。