アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第12回講演会 7/25, 19:00~ , 神楽坂
☆学生参加料金を500円にしました☆

【第12回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●講演題目:「途上国の開発と生活環境」
~683日、現地密着の旅から見えた世界の今~
●講演者:中村安希 (旅人)
●日時:2008年7月25日(金)
●スケジュール:
 18時30分~ 受付開始
 19時00分~19時05分 開会挨拶/講師紹介
 19時05分~20時00分 中村氏講演
 20時00分~20時15分 質疑応答
 21時00分~ 懇親会
●場所:東京理科大学森戸記念館第1フォーラム
 東京都新宿区神楽坂4-2-2
 JR総武線、地下鉄有楽町線、東西線、南北線 飯田橋駅下車 徒歩5分  
 大江戸線 飯田橋駅下車 徒歩10分
 (注:リンクにある地図の左上、飯田橋から神楽坂を登って、毘沙門天の入り口を左
手に見て右に入る路地の奥です。始めての方はわかりづらいです)
●会費:社会人1000円、学生500円
                  (懇親会別途 3000円程度)
参加申し込みフォーム 
●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム (代表 井手祐二)
─────────────────────────────
●講演概要
発展途上国を中心に世界47カ国を歩いた旅の経験を基に、世界の現状を報告します。世界を舞台とした資源獲得競争、市場の自由化の下に、途上国は今、開発の嵐です。大手メディア、政治、主要国際機関で話題先行中の「開発支援とその成果」を、現地側の視点から逆レポートです。

アジア、中近東、アフリカにおける旅の実体験を基に、現地の生活(衛生)環境と、今後の改善点、必要とされるアイデアや技術、支援について考察します。国民意識、文化、宗教観、そして地理的条件や歴史の異なる国々において、今後求められていく「それぞれのニーズ」を模索しながら、「豊かな世界の実現」とは、その意味を問いたいと思います。

---
今回は、スタッフである中村氏による世界レポートです。軽妙洒脱な文章で人気を博した、旅の記録『安希のレポート』も合わせてご覧下さい。みなさまのご参加お待ちしております。


●講師略歴
カリフォルニア大学アーバイン校、舞台芸術学部卒業後、日米における3年間の社会人生活を経て、2006年6月より2年間の世界旅へ出発。
アジア、中近東、アフリカ、ヨーロッパの約50ヶ国を訪れ、2008年5月帰国。
著書に「Big-Hug -長崎レイン-」(かんぽうサービスより、2004年3月発行)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メーリングリスト会員の申し込み
メーリングリスト会員規約に同意される方のみ、お申し込み下さい。 
以下、必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してお申し込み下さい。後日、Yahoogroupsのメールへの登録案内が届きますので、登録してください。
職種:
コメントや企画運営スタッフ希望の有無等:
Pass:
コメントの表示: 管理者にだけ送信コメントの表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telemed.blog69.fc2.com/tb.php/36-e774392e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。