アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
設立者の構想
この会は学術研究を目的とする学会とは異なり、遠隔医療の普及促進を通して低コストで質の高い医療システムの開発と普及促進を行うことに目的があります。しかも若い人達が中心に考え行動をすることに意味があります。

私が目指している全体構想は、将来の大きな問題となる医療、教育、環境、安全、紛争、災害、産業創出、国際協力などの問題に対し、若い人達が自ら考え行動をしながら日本と世界のために活躍する団体です。そして皆さんに次世代のリーダーになって戴くことです。
ですから、いずれは他の分野にも同様の活動ができればいいのですが、最初は絞って一番大きな問題となっている医療問題に取り組もうとしています。医療改革に関しては、すでに政府や医療関連団体でも多くの議論や提案が始まっています。しかし本当に必要なことは医療の大幅な低コスト化なのです。低コスト化は医療システムの効率化を意味しており、最終的には質の向上にも繋がります。新しい先端医療技術を低コストで提供できなければ、国民皆保険も存続できないですからね。そこで、我々は、IT化との融合で大きな改革効果が期待できそうな遠隔医療推進に絞っています。 

子供や若い人たちの命には、大きな価値、そして可能性があります。それは、人類の英知を引き継ぎ、世の中をより良く進歩発展させてくれる可能性なのです。少子高齢化時代を向かえ、国民レベルで命と健康の価値を考え直し、そして子供から高齢者までの健康管理や医療保障のあり方を議論する時期だと思います。 現在の医療技術でも、各自が健康管理に心がけ、早期発見・早期治療が徹底されれば、高齢者にも低コストで質の高い医療サービスの提供は可能だと思います。
メーリングリスト会員の申し込み
メーリングリスト会員規約に同意される方のみ、お申し込み下さい。 
以下、必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してお申し込み下さい。後日、Yahoogroupsのメールへの登録案内が届きますので、登録してください。
職種:
コメントや企画運営スタッフ希望の有無等:
Pass:
コメントの表示: 管理者にだけ送信コメントの表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telemed.blog69.fc2.com/tb.php/3-145ebc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。