アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第9回講演会、9月27日(木)19時~、品川
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「医療の効率化に向けて
 --医療情報のIT化と標準化への展望と課題--」

 
 山本裕氏(横河電機(株)、JIRA)

●日時:2007年9月27日(木)

●場所:品川イーストワンタワー、21階、小会議室
  
●スケジュール:
    18時30分開場
    19時00分~20時  山本氏講演、質疑応答
    20時30分~      懇親会

●会費:1000円(会場費、資料代)、(懇親会別途 3000円程度)

●参加申し込み:クリック!→【参加申し込みフォーム】

───────────────────────────────
【第9回目になりましたアジアパシフィック医療改革フォーラム講演会です。】

医療の効率化・質の向上が叫ばれる昨今、医療情報のIT化は緊急の課題となっています。中でも、電子カルテを代表とする医療情報システムの標準化は厚生労働省・経済産業省・総務省がその必要性を認め、普及推進をはかっています。

国際的な医療情報の標準化は現在急ピッチでおこなわれており、その大きな動きのひとつがIHE(Integrating the Healthcare Enterprise)です。国内では日本IHE協会(IHE-J)が活動しているほか、医療画像などの標準化に関してはJIRA((社)日本画像医療システム工業会)が主に活動をしております。

今回はこうした医療情報の標準化の動きにお詳しい山本裕氏をお招きしました。山本氏はメーカーに勤務する傍ら、IHE-J、JIRAなどで幅広く活躍されております。講演では医療情報の標準化へ向けた世界的な取り組みや、普及への展望とその課題についてお伺いする予定です。

国内で電子カルテが普及しにくい理由とは、海外の電子カルテとの違いとは、その核心に触れる絶好の機会です。皆様ふるってご参加下さい。

───────────────────────────────
●日時:2007年9月27日(木)

●場所:品川イーストワンタワー、21階、小会議室
●スケジュール:
    18時30分開場
    19時00分~20時  山本氏講演、質疑応答
    20時30分~      懇親会
●講演内容
 「医療の効率化に向けて
    ---医療情報のIT化と標準化への展望と課題---」

●会費:1000円(会場費、資料代)、(懇親会別途 3000円程度)

●参加申し込み:クリック!→【参加申し込みフォーム】
───────────────────────────────
メーリングリスト会員の申し込み
メーリングリスト会員規約に同意される方のみ、お申し込み下さい。 
以下、必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してお申し込み下さい。後日、Yahoogroupsのメールへの登録案内が届きますので、登録してください。
職種:
コメントや企画運営スタッフ希望の有無等:
Pass:
コメントの表示: 管理者にだけ送信コメントの表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telemed.blog69.fc2.com/tb.php/28-8b8a9763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。