アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大石佳能子氏講演会:8/21(月)、19時半より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆講演会ご案内◆◇◆

MEDIVAが変える日本の医療とその可能性

大石佳能子氏(MEDIVA代表取締役)

(2006年8月21日(月)きゅりあん)
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4回目になりましたアジアパシフィック医療改革フォーラム講演会です。

今回は経営コンサルタントの立場から医療を変えようとされているメディヴァの大石佳能子氏をお招きし、都市部での革新的医療の試みとITを利用した医師・患者間におけるコミニュケーションの有用性についてお話いただこうと思います。

規制でがんじがらめの医療業界は、倫理的な観点などから、これまでビジネス的なアプローチで医療を提供するということが困難な分野でした。そのような状況の中で、マッキンゼー仕込の経営手法を身につけた大石氏率いるメディヴァは、「患者視点の医療改革」を目指し、ファミリードクターを提供するクリニックのネットワーク(プラタナス・ネットワーク)を都内に展開し、亀田総合病院との連携、ネットを利用した患者への完全なる医療情報提供を行うオープンカルテなどの新しい試みを行われ、注目を集めております。

こうしたビジネス的な医療改革の可能性、また我々の目指しているITを利用した医療、という点からも興味深い、究極の遠隔医療というべきオープンカルテの現状についてお話いただきます。

今回、お忙しくご活躍の中、我々若手のために快く時間を割いてくださることとなりました。是非メディヴァによる医療改革とその可能性について、講演をお楽しみください。

●大石氏御略歴(MEDIVAホームページより)
大阪府箕面市出身。幼少時代をニューヨークで過ごす。
大阪大学法学部卒業。ハーバードMBA。マッキンゼー・アンド.カンパニーのパートナーを経て、(株)メディヴァを創業。マッキンゼーではマーケティングと小売業、ヘルスケア部門を担当。消費者視点での商品・サービスづくりを数多く立ち上げる。著書に「消費者最優先企業の時代」(共著、マッキンゼー・クオタリーにマーケティング、ヘルスケア関係の論文多数。厚生労働省「これからの医業経営の在り方に関する検討会」、厚生労働省「社会保障審議会福祉部会」、日本経済調査会「これからの医療の在り方に関する検討会(大星委員会)」委員。

スケジュール等は次のリンクへ
●日時:2006年8月21日(月)

●スケジュール:

     19時開場
     19時半~20時半 大石氏ご講演
     20時半~21時  質疑応答
     21時半~    懇親会

●場所:きゅりあん(品川区立総合区民会館,6F、大会議室)
  ※8/9,会場を中会議室から、大会議室へと変更しました。

●講演内容: MEDIVAが変える日本の医療とその可能性

●会費:一般…1000円、学生…500円

●定員96名

●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム(代表 井手祐二)  
         http://telemed.blog69.fc2.com/

◆申し込みはこちらのリンクよりお願い致します→参加申し込みフォーム

メーリングリスト会員の申し込み
メーリングリスト会員規約に同意される方のみ、お申し込み下さい。 
以下、必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してお申し込み下さい。後日、Yahoogroupsのメールへの登録案内が届きますので、登録してください。
職種:
コメントや企画運営スタッフ希望の有無等:
Pass:
コメントの表示: 管理者にだけ送信コメントの表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telemed.blog69.fc2.com/tb.php/14-6702b727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。