アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第11回講演会議事録
題名::「米国バイオベンチャーの最新動向」
演者:安藤 茂彌 氏
 (トランス・パシフィック・ベンチャーズ President & CEO)

内容:平成20年2月29日19時~21時東京理科大学森戸記念館第2フォーラム
にて、上記講演会を開催。

企業向けベンチャーDBを提供してこられた安藤氏よりアメリカのバイオ
ベンチャーの現状と将来性に関して

★バイオ市場の変遷
★創薬市場
★注目されるバイオ技術としての
 治療薬(がん・アルツファイマー)
 RNA干渉
 Connectivity Map
肺がん、乳がん、糖尿病の遺伝子診断技術
 幹細胞
 遺伝子組み換え作物
 バイオエネルギー
★製薬企業とバイオベンチャーの関係
★米国政治と医療制度、バイオベンチャー

といった観点から講演をしていただく。
安藤氏の御自慢のDBの情報をつかった分析及びプレゼン
は非常に深いものでした。

講演後は質疑応答も活発に行われ、質問時間を延長しながら
討議が行われました。
特に近年、製薬会社へのR&D開発額が上昇しているにも関わらず
承認新薬数が減少している点については、皆様の関心が高く、
質問も多く出されました。

講演会には53名の方が参加され、約30名の方がさらに懇親会へと
場所を移し盛況にて終了致しました。

    
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。