アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武蔵国弘氏講演会:2006年9月23日19:00~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆全国の医師が繋がるMVCの可能性◆◇◆

武蔵国弘氏(NPO法人MVCメディカルベンチャー会議代表理事、眼科医師)

9月23日、きゅりあん(JR大井町駅スグ,5F,第2講習室)

※申し込みフォームにアクセスできない方はkouen20060923@yahoo.co.jp 宛にメール送信下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第5回目になりましたアジアパシフィック医療改革フォーラム講演会です。 】

今回は、医療実務の研究会(MVC定例会)と医療人限定のオンライン会議室(MVC-online)を運営されている、NPO法人MVCメディカルベンチャー会議 代表理事 武蔵国弘氏をお招きし、今後の可能性についてお話をお聞きします。

近年、医療界をとりまく環境が激動し、従来の医療界の仕組みでは対応できない点が多く散見されます。それに呼応する形で、行政・事業サイドではなく医師サイドから医療に新しいイノベーションを起こそうとする動きが生まれつつあります。その中でも、主に若手医師を中心としたMVCは注目株です。SNSという最新のインターネット技術で補完された、医局・診療科を越えた全国横断的なつながりは魅力的といえましょう。さらにはMVCが今月9日にスタートさせた新しい試み、電子医学辞典「メディペディア」プロジェクトも注目です。医療水準の向上、遠隔医療の可能性を感じさせる新しい試みについてもお話いただけることと思います。
 NPO法人MVCメディカルベンチャー会議が取り組む、新しい試みとその可能性についてお聞き下さい。


●日時:2006年9月23日(土)
●スケジュール:
     18時半時開場
     19時~20時  武蔵氏ご講演&質疑
     20時~21時半 懇親会
●場所:
きゅりあん(JR大井町駅スグ,品川区立総合区民会館,5F,第2講習室)

●講演内容:全国の医師が繋がるMVCの可能性
●会費:一般…1000円、学生…500円
●懇親会費用:2000円程度
●定員70名
●→参加申し込みフォーム
●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム(代表 井手祐二)  
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。