アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンポジウム開催
symposium


当日は遠隔医療プロジェクトについての説明、井手祐二氏の基調講演、鹿児島との遠隔動画実験などを実施しました。参加者30名を超え、2次会にも20名以上の方が参加させるなど、大いに盛り上がりました。

以下、シンポジウムの概要です。↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■     
        ~~日本の医療改革に向けて~~
         遠隔医療推進プロジェクト
      プロジェクト報告会&staff募集説明会
        
          2005.12.10(土) 開催
        主催:遠隔医療推進協議会(仮称)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

21世紀、日本は本格的な少子高齢化社会を迎え、年々増加する国民
医療費は、経済政策上、重要な問題のひとつとなっています。

医療の効率化を目指し、厚生労働省を中心としたIT利用が推進
されていますが、それらのシステムは高価かつ各システム間の互換
性が低いといった問題を抱えています。

私たちは、「医療の質の向上」と「医療コストの低減」を目的とし、
低価格な遠隔医療用ITツールの普及・開発を目指した、若手学生・
社会人を中心とした団体です。

これまで、特に遠隔医療や在宅医療に着目し、遠隔病理診断システ
ム、在宅医療支援システムの普及・開発促進を目指して活動してき
ました。現在、鹿児島大との連携による離島でのケース、熊本大と
の連携による検診での応用、茨城県石岡市での在宅介護への応用等
の実証試験を施行中です。

今回、これまでの活動を報告するとともに、今後さらに活動を推進
するため、新たなスタッフの募集説明会を行います。

医療問題に関心のある方、日本の医療改革を目指す志を持った方の
積極的な参加をお待ちしております。各自の専攻は問いませ
ん。少しでも興味、関心のある方は是非、ご参加下さい。

【日時】2005年12月10日(土)開場13:45  開会14:00
 ※講演会終了は17:00を,懇親会終了は19:00を予定しております。

【場所】政策研究大学院大学六本木新キャンパス5階会議室
    http://www.grips.ac.jp/frame/fr_map.html

【参加費】無料  
 ※終了後、懇親会を予定しています。会費は3000-4000円程度です。

【スケジュール】
 14:00-15:00 
   ◆基調講演◆
   「日本の医療改革に向けて」
  Pixera Corporation CEO 井手 祐二 氏

  15:00-15:45 
   ◆活動報告◆
    遠隔医療の調査報告発表会
遠隔医療システムのデモ

 15:45-17:00 
   ◆パネルディスカッション◆
    鹿児島との遠隔会議も実施
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。