アジアパシフィック医療改革フォーラム
アジアパシフィック医療改革フォーラムは、日本を含む、アジア環太平洋地域の医療改革を志す異分野、異業種のメンバーがあつまるネットワーク組織です。2010年は「医療現場の課題と問題解決」をテーマに講演会を企画しております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第18回講演会 10月1日, 19:30~
【第18回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●演題:アジアの医療インフラ構築を目指して
●講師:東野徹氏
(メディカルプラットフォーム社長)
●講演概要
今回は、医療人のためのSNS MVC-onlineのサポートなどユニークなサービスを手がれられているメディカルプラットフォーム社(http://www.medical-platform.jp/)社長東野徹氏をお招きしてアジアの医療インフラ構築を目指してというテーマでお話しいただこうと思います。

メディカルプラットフォームは2005年6月に設立。従業員数は20名。同社は、医者のみに限定したSNS「MVC-online」(http://www.mvc-online.jp/)、医療機器メーカー対象の動画技術マッチングサイト「Do-Ma」などの展開にユニークさを発揮しており、社会からの関心を集めています。今回は、起業の経緯、事業の概要、ビジネスモデルを中心に、「起業後半年は自身の給料がなく、給料が8万円の時に、ご結婚された」という苦労話から、さらにはアジアの医療インフラという観点から、その現状と同社の世界規模の将来像とについてという国際的な視野でのお話もお伺いできるようです。

気軽な形でwebと医療の可能性につきまして氏とともに皆さまとお話できたらと思っております。是非奮ってご参加ください

●講師略歴
神戸大学経営学部卒。メーカーにて法人営業、経営企画室、ロンドン支店勤務を経て退社。その後早稲田ビジネススクール在学中に起業。現在に至る。

●日時:2010年10月1日(金)
●スケジュール:
19時00分~ 受付開始
19時30分~19時40分 開会挨拶/講師紹介
19時40分~20時30分 東野氏ご講演
20時30分~20時45分 質疑応答
21時00分~ 懇親会

●場所:東京医科歯科大学付属病院 臨床講堂(A棟:地下一階)
救急入り口から(地下一階になります)地図はこちら
文京区湯島1-5-45
JR総武線、地下鉄丸ノ内線 御茶ノ水駅下車 徒歩5分

●会費:社会人1000円、学生500円(懇親会別途 4000円程度)
参加申し込みフォーム

●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム (代表 井手祐二)
●共催:東京医科歯科大学 疾患生命科学研究部 オミックス医療情報学講座
スポンサーサイト
第17回講演会 7/30(金),東京理科大学森戸記念館
【第17回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●演題:新技術を新しい医療にするには

●講師:平田 史明(ひらた ふみあき)氏
(株式会社理研セルテック 代表取締役)

●講演概要
幹細胞研究、再生医療研究で有名な神戸の理化学研究所、再生発生科学総合研究所発ベンチャーである理研セルテックの代表取締役平田史明氏をお招きして、新技術を新しい医療へつなげていくかというテーマでお話しいただきます。
中長期テーマの再生医療関連の研究開発に関して、世界的な現状と今後の展望を述べて頂くとともに、短期テーマのバイオメトリクス(生体情報認識技術)関連の事業開発案件をご紹介いただきます。二つのテーマに対してどのようなアプローチで新しい技術を新しくかつ海外競争力のある医療サービス、ヘルスケア・サービスにまとめ上げていこうとしているかをお話いただく予定です。
また参加者との活発な意見交換を講師が希望されているので、質疑応答の時間を長めにお取りしております。「新技術と新医療とのギャップをどう埋めるか」についての気軽で真剣なフリーディスカッションにできたらと思っております。是非奮ってご参加ください。

●講師略歴 
1961年6月 鹿児島県生まれ。京都大学法学部卒業後、(株)日本興業銀行、ルビコンクロス(有)、(株)Cell Force社長を経て、2008年12月から現職。

●日時:2010 年7月30日(金)

●スケジュール:
18時30分~ 受付開始
19時00分~19時10分 開会挨拶/講師紹介
19時10分~20時00分 平田氏ご講演
20時00分~20時30分 質疑応答
21時00分~ 懇親会

●場所:東京理科大学森戸記念館第1フォーラム
東京都新宿区神楽坂4-2-2
JR総武線、地下鉄有楽町線、東西線、南北線 飯田橋駅下車
徒歩5分  大江戸線 飯田橋駅下車 徒歩10分
http://www.tus.ac.jp/info/access/kagcamp.html
(注:リンクにある地図の左上、飯田橋から神楽坂を登って、毘沙
門天の入り口を左手に見て右に入る路地の奥です。)

●会費:社会人1000円、学生500円(懇親会別途 4000円程度)

●参加申し込みフォーム http://tinyurl.com/23gnol

●共催:東京理科大学国際化推進センター

●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム
(代表 井手祐二)
ITヘルスケア学会 第4回年次学術大会
5月23日、第4回ITヘルスケア学会総会にて、当アジアパシフィック医療改革フォーラムから
沖と廣島が発表しました。
演題:「Webは医療を変えるのか?」

○プログラム
http://www.ithealthcare.jp/events/1005amprog.pdf
【第16回講演会】概要
akisan.jpg


【第16回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●演題:世界を歩く
●講師:中村安希氏
(作家・第七回開高健ノンフィクション賞受賞)
●講演概要
今回は、特別企画として昨年11月に第7回開高健ノンフィクション
賞を受賞された中村安希さんをお招きして、講演会を開催する予定です。
中村安希さんは、当フォーラムのメンバーでもあり、第12回の当
フォーラム講演会の講師として世界の医療・衛生事情につい御講演
いただいたこともあり、ご存じの方も多いと思われます。これまで
世界各地を旅され、現地の生活・衛生状態を当フォーラムのMLとコ
ラボする形で、リポートする活動を2年以上にわたり続けられてき
ました。その記録を基にした作品「インパラの朝」が今回の受賞と
なりました。国と国、民族同士、職業、男性と女性、さまざまな事
物を中村さんは見て、共感し、そして交流してこられ、そこから何
かをつかみ作品として結実されました。今回の講演は、06年から
のユーラシア・アフリカ旅行と、09年に再訪したアフリカ大陸で
の経験を基に、海外バックパッキング入門を兼ねた現地情報をお話
していただく予定です(2008年の講演と一部内容が重なる部分がある
ことはご容赦ください)。
奮ってご参加ください。

●講師略歴 1979年京都府生まれ、三重県育ち。03年カリフォルニ
ア大学アーバイン校、舞台芸術学部卒業。日米における3年間の社
会人生活を経て、06年ユーラシア・アフリカ大陸へ旅行。各地の生
活に根ざした“小さな声”を求めて、47カ国をめぐる。08年帰国。国
内外にて写真展、講演会をする傍ら、世界各地の生活、食糧、衛生
環境を取材中。他に、海外情報ブログ「安希のレポート」(http:
//asiapacific.blog79.fc2.com/)を更新中。『インパラの朝』で第7回
開高健ノンフィクション賞を受賞。

●日時:2010 年2月19 日(金)
●スケジュール:
18時30分~ 受付開始
19時00分~19時10分 開会挨拶/講師紹介
19時10分~20時00分 中村氏ご講演
20時00分~21時00分 質疑応答
21時00分~ 懇親会
●場所:東京理科大学森戸記念館第1フォーラム
東京都新宿区神楽坂4-2-2
JR総武線、地下鉄有楽町線、東西線、南北線 飯田橋駅下車
徒歩5分
大江戸線 飯田橋駅下車 徒歩10分
http://www.tus.ac.jp/info/access/kagcamp.html
(注:リンクにある地図の左上、飯田橋から神楽坂を登って、毘沙
門天の入り口を左手に見て右に入る路地の奥です。)
●会費:社会人1000円、学生500円(学生証提示+ML登録で特別に会費無料になります。)
(懇親会別途 4000円程度)
●参加申し込みフォーム http://tinyurl.com/23gnol
●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム
(代表 井手祐二)
●共催:東京理科大学国際化推進センター
中村安希さん「インパラの朝」発売
当研究会のMLで紹介されている中村安希さんの、著書「インパラの朝」が発売になりました。
第七回開高健賞受賞作です。
是非ご一読下さい。

詳細はこちらへakisan.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。